がんにも効果あり!アガリクスで免疫力を高めよう

サプリメント

癌を抑える方法

アガリクスは癌を抑えるだけでなく、副作用がないことから注目されています。実際にマウスを使った実験でもその効果は実証されています。高分子多糖体である「β‐グルカン」に癌細胞の増殖を減らす役割があります。

ウーマン

知って得するガン予防

最近、ガン治療でアガリクスというキノコが注目されてきています。アガリクスには免疫力の活性化を手助けするのに効果のある物質が多数含まれているため、これからのガン治療でも、ますます利用される頻度が上がってくると思われます。

レディ

免疫力を高めるキノコとは

アガリクスという名のキノコが癌治療、あるいは防止に対して効果が見られるとして、ここにきてアガリクスを用いた健康のサプリメントなどがたくさん見受けられます。免疫力を高めるなどの体に良い効能をもたらすとして注目されています。

がんを治すために

服用

どのような状態が良いか

がんは三大成人病の一つとして挙げられています。早い段階で発見をすれば治すことができますが、発見が遅くなることに直すことができる可能性が低くなってしまいます。癌の特徴としては身体の免疫性が下がることです。免疫性が下がることで身体の抵抗が弱くなり、体調が悪くなってきます。歩くことすらできなくなってしまったり、食事ができなくなることも少なくありません。逆に言えば、免疫性を高めることでがんに打ち勝つことができる可能性があります。がんの治療薬として抗がん剤がありますが、体中に転移している状態ではなかなか効果が薄く、しかも副作用があります。代表的なもので髪の毛が抜けるというものです。特に女性であれば抗がん剤を打つことに抵抗があるのではないでしょうか。そこで副作用がないものとしてアガリクスというキノコがあります。アガリクスは、主にブラジルでとれるマッシュルーム型のキノコになります。βグルカンというものが含まれており、これが癌細胞の増殖を止めるのに効果があるのです。実際の効果は、マウスを利用した実験によって検証されています。10匹のマウスのうち5匹にアガリクスを利用し残りの5匹は何もしなかったところ、5匹の免疫が高まったという効果が出ています。このように考えると、アガリクスはガンに対する効果として十分に認められます。ただし、中には効果の弱いものもあります。効果が高いのはブラジル産で自然栽培のもの、そして安全性が最も高い菌種「KA21」が理想です。