がんにも効果あり!アガリクスで免疫力を高めよう

癌を抑える方法

サプリメント

副作用をなくすために

癌になるのは、悪性な細胞が増え続けるからです。本来、細胞は一定期間で入れ替わり、死滅する細胞がある一方で、新しいコピーされた細胞が生まれていきます。ただ、たまにミスコピーが発生してしまい、本来の形とは違う細胞が生まれることがあります。このとき、白血球の中にあるリンパ球が正しく働いていればミスコピーされた細胞を除菌してくれますが、正しく働いてくれないと、見逃してしまいます。ミスコピーされた細胞が広まると癌として猛威を振るいます。そのまま放置しておくと、死亡する可能性が高くなりますので、早めに発見することと早めの治療が重要になります。もし癌になってしまった場合には、どのようなものを吸収したらよいでしょうか。癌に効果があると言われているものにアガリクスがあります。アガリクスは、ブラジルを原産としているマッシュルームのようなキノコも一緒です。これは、癌になった時に免疫を高める作用があるため、近年注目されています。マウスを使った実験では、アガリクスを注入した方と何もしなかった方では、注入した方が免疫が高まったと言う効果が出ています。このように効果が現れるのは、高分子多糖体である「β‐グルカン」のおかげです。これが免疫を高めるのに役立ちます。では、アガリクスはさまざまなところで栽培されていますが、どこで栽培をしたものでも同じなのでしょうか。これについては高分子多糖体である「β‐グルカン」に違いがあるのが特徴です。つまり、産地により効果が異なるのです。